スキップしてメイン コンテンツに移動

クレオール語についての授業(続)

クレオール語についてのリレー授業の二回目のことも忘れないうちに書いておこう。

ラファエル・コンフィアンによる二回目の授業は、クレオール語にたいする各階層の態度を歴史的視座において捉えるというものだった。1620年代から70年代の時期には、カリブ族、黒人、白人のあいだの共通言語として形成され話されてきたクレオール語は、その後、歴史的段階ごとに各階層によって否認される、とコンフィアンは説明した。第一段階は、ベケによる否認。第二段階には、ベケと黒人奴隷のあいだから生まれた混血児(ムラート)が社会階層をなすにつれ、支配層のベケを模倣し、クレオール語を否認する段階が来る。第三段階は、奴隷制度廃止後(1848年以後)、世俗化した教育のもと、小学校でフランス語を教育される黒人たち自身によって否認される段階。さて、こうなると、もはやクレオール語の担い手はいないようだが、コンフィアンの説明によると、最近までクレオール語の世界で生きていたのは、奴隷制度廃止後に移住し、大農園で働いたインド系と中国系の人々である。しかし、彼らもやがて20世紀中頃にはほとんどが学校教育を受けるようになり、いわば「フランス化」してゆく。大きな話を大雑把にまとまめているので、この記述は正確さにかなり欠けていると自覚しているが、それでも、コンフィアンのクレオール語の捉え方にかんしてはおおよそ分かっていただけると思う。コンフィアンの最近の小説のひとつに、Case a Chineというタイトルのものがあるが(未読)、中国系移民にたいする彼の関心もまた、クレオール語とクレオール文化にたいする絶えざる情熱にあるのだと勝手に納得した。最後、冗談か本気か分からないが、(マルティニックで)クレオール語を活性化させるにはハイチ系の移民を積極的に受け入れることだ、というような発言もしていた。

その後も授業は続くのだが、この後別の教師の授業(クレオール語の綴り方教室)に一度出た後、やめてしまった。夜間授業のため、バスがなくなる恐れを心配しなければならなかったからだ。マルティニックでは車がないと活動範囲がかなり狭まれる。バス停の時刻表は誰かにはがされたりして、どのバスがいつ来るのかが分からない状況である。幸い時刻表があるにしても、時刻どおりにやってくる方が珍しい。交通手段は、個人的に大きな問題となっている。

このブログの人気の投稿

シンポジウム「アメリカ大陸のブラック・ミュージック」(2019年3月16日)

シンポジウムのご案内です(写真左はポール・ロブソン)。

3月16日、共立女子大学でブラジル文学とポピュラー音楽の研究をなさっている福嶋さんのオーガナイズのもと「ブラック・ミュージック」をテーマとしたシンポジウムがおこなわれます。『アメリカ音楽史』の著者として知られるアメリカ文学者の大和田俊之さん、ラテンアメリカ文学の研究と翻訳で高名な柳原孝敦さんが登壇されます。ご縁があってわたしも参加します。何について話そうかとさんざん迷ったのですが、このシンポジウムが「ブラック・ミュージック」の多様性や解釈の幅をむしろ考える方向性にあることもあって、あえてフランスのコレット・マニーに着目します。コレット・マニーについては『図書新聞』での連載「感傷図書館」の次回連載分でとりあげますが、「白人女性」のブルース歌手です。メンバーからしても、発表のテーマからしても、非常に面白いシンポジウムになることは請け合いです。もちろん入場無料。たくさんの方のご来場をお待ちしています。

「アメリカ大陸のブラック・ミュージック」 日時:3月16日(土)14:00〜
場所:共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス本館B101教室
発表者:
福嶋伸洋「黒人に憧れる白人たち:リオデジャネイロ、ロンドン、ニューヨーク」
中村隆之「反逆の反響:コレット・マニーのアルバム『弾圧』(1972)にみる〈ブラック・アメリカ〉」
柳原孝敦「ヘビが死んじゃった:キューバ、永続する東方の三博士の日のモチーフ」
大和田俊之「黒と茶の合衆国:ブラック・アーツ・ムーヴメントとブーガルー」
以上の発表後、15:40から全体討議。


新刊のご案内(『野蛮の言説』)

来月上旬に春陽堂書店から『野蛮の言説:差別と排除の精神史』と題した書き下ろしの単著を刊行いたします。

本書は、ブレイディみかこさんから頂戴した帯用の言葉「21世紀の差別を考えるための思想史講座」にあるとおり、大学での講義形式で、他者を「野蛮人」と表象してきた歴史を西洋の言説を中心に概観する、というものです。

4つのパート、15「講」から成り立ちます。ごくおおまかにストーリーを示しておけば、よく知られるヘロドトスの『歴史』における「異国人=バルバロイ」の記述から始まり、文明人と野蛮人という認識のもとになされる「新大陸」におけるインディオ、黒人奴隷の他者表象から、18世紀ヨーロッパにおける博物学における「品種」「人種」概念"race"をつうじた他者表象、19世紀における(社会)進化論と植民地主義、(社会)進化論から導出される「人種」「障害者」差別の言説としての20世紀のナチズムまで、これらを〈野蛮の言説〉という展望のもとに提示するという試みだ、とまとめられそうです。

著者としてはいつものことなのですが、最初から結論が見通せているわけではなく、書いているうちに、気づいていくことが多々ありました。

書いていることは「歴史」ですが、21世紀の日本社会の言論状況が念頭にあります。その点は本書のイントロダクションと後半の日本社会をめぐる章でご確認いただければ、うれしく思います。

『アフリカ研究』94号「プレザンス・アフリケーヌ研究」特集号無料公開

『アフリカ研究』94号での特集「プレザンス・アフリケーヌ研究」の各論考が下記のURLより無料ダウンロードできるようになりました。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/africa/2018/94/_contents/-char/ja


本研究は、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所でおこなっている共同研究の成果の一部であり、日本語で読める初めてのまとまった研究であると言えます。まずは本特集の佐久間寛さんの「序論」をお読みいただけたら幸いです。この「序論」で「プレザンス・アフリケーヌ」という雑誌ならびに出版社の意義、この出版プロジェクトにかんする基本情報を得ることができます。

わたしは「ダヴィッド・ジョップの〈アフリカ〉」という論考を寄せています。昨年『ダヴィッド・ジョップ詩集』を夜光社から出版しました。その解説をかねた小さな評伝では参考文献の大半を割愛しました。この詩人の研究にご関心のある方は本論考の参考文献をご参照いただければ幸いです。なお詩集のほうは、少部数の発行のため、そろそろ残部が限られてきているはずです。

また、この共同研究については、近々、新たなお知らせができる予定です。