33年間

15日は大西洋側の北部を午前から午後にかけてめぐり、夕方は南部の集落ヴォークランに行った。ヴォークランのはずれに住む日本人女性に会うためだ。彼女はマルティニックに永住している唯一の日本人。マルティニックに来る日本人はめずらしいので友人が引き合わせてくれたのだった。その人はフランスでマルティニック人と出会い結婚。マルティニックにやって来て以後この島で暮らしている。今年で33年目。彼女が島にやってきた1976年にはぼくは一歳だった。話によると、仕事で島を訪れる日本人はたまにいるが、長くても3、4年住んで帰ってゆく。彼女のようにマルティニックに住み続ける人はいないそうだ。ヴォークランのはずれの家は、家族で力をあわせ10年以上かけて作ったもの。広い敷地の中央にある古い風車(18世紀のもの)を中心に設計された屋敷には重厚な木製の家具や椅子が置かれていた。その築年数以上に長い歴史を感じさせる家だった。

コメント

ban さんの投稿…
このコメントは投稿者によって削除されました。
ban さんの投稿…
尊敬すべき女性ですね。

こういう人の視点から見る島の歴史と現在、未来を聞いてみたいものです。

ぼくは娘が用意してくれたバハマクルーズなるものに、4泊5日で行き、今日ジャクソンビルに帰ってきたところです。ナッソーから君たちのことを思いました。お元気で!

(間違って削除したものをもう一回)
takranke さんの投稿…
凄い女性がいるのですね。でも、島に棲むということは、素晴らしい。わたしも随分前に、フロリダから飛行機でキューバの上を飛び、Grand Camonという島にいったことがあります。素晴らしい楽園のような島でした。天候も、自然も、その急な変化さへ素晴らしかった。
omeros さんの投稿…
banさん、バハマクルーズとは、素敵ですね。ブログを読むのが楽しみです。

ええ、この人にはこちらにいる間にまたお会いしたいと思っています。彼女から見れば、ぼくは一時的な旅人にすぎません。1年は短すぎます。今回の滞在を機会にマルティニックとの関係を深めてゆくためにも、この人にもっと話をうかがいたいと思います。
omeros さんの投稿…
takrankeさん、おっしゃるとおり凄い女性です。お子さんは6人。日本語はしゃべれませんが、みんなマルティニックでは珍しい日本語の名前です。grand camonという島はキューバの下にある島ですね。行ってみたくなります。
ぴっさしおなす さんの投稿…
実は私もMARTINIQUEにかれこれ17年住んでいます。
夫はMARTINIQUEの人で、FORT DE FRANCEに12歳の息子と住んでいます。
他にも日本人すんでますよ。
レストラン マリセントの向かいの家です。
日本文化についてよく知ってるほうと
思うので、お困りのとき(特に料理、和菓子も手作りできます)
日本語ですみませーんと声かけてください。
インターフォン壊れたままにしてます。
窓があいてたら在宅中です。
できる限りのことはお手伝いさせて
もらいますよ
MARTINIQUEも住んでるといろいろやな事
や不便なこと山ほどあって
楽園?なんでしょうか?

ちなみに私もプリンスのFANです
FANK のジョージクリントンには楽屋まで入って写真とらせてもらったことあります。
omeros さんの投稿…
なんと、そうでしたか! いただいたコメントに気づくのが遅すぎました!!(もう日本に戻ってしまいました……。)お詫びの気持ちをこめまして、最新記事でご紹介いたします。