2010年1月17日

10月7日水曜日、エリゼ宮でサルコジ大統領とマルティニックおよびギュイヤンヌの県議会長、地方圏議会長が会合をもち、両海外県の「自治」をめぐる住民投票日を2010年1月17日に決定した。この場合の「自治」とは、現行のDepartement d'Outre-mer(DOM)のステイタスを憲法74条の定めるCollectivite d'Outre-mer(COM)のステイタスへと変えることを指す。この是非を問う住民投票が1月17日。Nonが過半数を超えた場合、1月24日、今度は現行のステイタス内での制度変革、すなわち県議会と地方圏議会を融合させた統一議会を作るかどうかを決める投票が行われることに決まった。

コメント