ハイチの大地震

そのことを知ったのは、身内や知人・友人からの連絡だった。13日の朝、いつものように起き、パソコンを立ち上げてメールを確認した。すると、「大丈夫ですか?」や「ハイチの地震」といった件名のメールが届いている。それではじめてハイチで起こった地震のことを知った。マルティニックには津波の影響も何もなくいたって平穏であるが、13日の朝刊は大きくdesolation(荒廃、破壊)という見出しが掲げられていた。ハイチから移り住んできた人々のなかには地震直後からハイチで暮らす家族と連絡が取れず、辛い思いを強いられている人々も少なくないようだ。何もできないが、少しでも人々の苦境に思いを馳せたい。

コメント