物質的恍惚

長らく絶版であったル・クレジオの『物質的恍惚』が岩波文庫で再刊された。訳は豊崎光一氏。カバーで使用されている作品もそのままだ。今回の再刊にあたって、今福龍太さんが解説を寄せている。「ル・クレジオの王国を統べるもの」という題名のついた解説だ。一瞥しただけで、本体となるル・クレジオの作品と拮抗しそうな力を感じる論考である。この間、『地上の見知らぬ少年』を読んだばかり。次のル・クレジオ読書はこれで決まりだ。

コメント