「群島-世界論」音響篇 #1

『群島-世界論』(岩波書店、2008年)を上梓した今福龍太さんが、「群島-世界論」音響篇と題したイヴェントを開催します。会場となるサウンド・カフェ・ズミは、音響の玄人さえもうならせる、すばらしい音響空間です。一度行きましたが、まるでコンサート会場にいるようでした。音楽と、世界と、新しく出逢うための格好の機会がだと思います。

この企画には、じつは私も少しだけかかわっています。このブログで紹介した「ラクゼミ」という詩人モンショアシの催しがあります。「ラクゼミ」は、音楽や、語りをとおして地の霊を呼び起こす空間です。今回のこの企画には、「ラクゼミ」のような場を形成しようという意味を込めて、「楽空墨(ラクズミ)」という、ちょっと遊び心のある名前がついています。

このブログで今後紹介するマルティニックやグアドループの音楽に関しても、このイヴェントをとおして、聞くことができると思います(もちろん日本ではほとんど紹介されていないものです)。

会場の関係上、予約制となるとのこと。ぜひとも会場に足をお運びください。なお、この近くにある中華料理はまるで異国の味わい(つまり本場の味)。安くて、おいしいお店ですので、会場後はそこで中華を食べるのがお勧めです。


以下、告知を転載いたします。

+++++
今福龍太『群島-世界論』の思想的ヴィジョンを、サウンド・カフェ・ズミの豊穣な音空間のなかで、生者と死者の声(詩の朗読、歌)、および音響(音楽、環境音)の綾織りの風景として再話する画期的な試み!

2010年6月16日(水)開場17:30 開演18:00
会場:Sounde Cafe dzumi
料金:2500円(1ドリンク付) 学生は500円引き
予約先:event@dzumi.jp
件名「楽空墨6/16」、本文「氏名、人数、電話番号」をメールでご連絡ください。尚、会場スペースの関係上、先着25名とさせていただきます。

今福龍太=主催
楽空墨(ラクズミ) LaKouZumi
+++++

以下はサウンド・カフェ・ズミのHPです。
http://www.dzumi.jp/info.html

コメント

norah-m さんのコメント…
さっそく申し込みました。
今から楽しみですー!
omeros さんのコメント…
ありがとうございます! ぜひ楽しんできてくださいね!