Mél

今日は少しフランス語の話を。フランス語で「メール」という言い方は、複数あるようだ。ぼくが最初にフランス語でのメールのやりとりでおぼえたのは「mail」と「e-mail」(男性名詞)だったと思う。見たとおり、英語の名詞をそのまま借用した表現だ。でも、もっと正式な使い方は、マルティニックでのメールのやりとりで覚えた。「courrier éléctronique」(電子郵便物の意、男性名詞)、「courriel」(男性名詞)である。「message」(メッセージ)もこれに相当する言い回しだ。マルティニックではけっこうメールをしていた気がするが、そのときに「mél」といういい方も見た。「ああ、なるほど、mailがフランス語っぽくなってmélとなるんだなー」と早合点していたが、「mél」が「message éléctronique」(電子メッセージ、男性名詞)の略語であったことを最近知った。ちなみにぼくの(最近の)お気に入りは「courriel」である。

コメント