バイヨンヌの風景


フランスのバスク地方。生ハムとチョコレートが有名。バスクの古書店には郷土コーナーがあり、バスク地方出身の作家の棚があった。闘牛関係の本が充実。地方作家の棚にSalvat Etchartという、一時期マルティニックに滞在した作家の重要小説『ありのままの世界』がおいてあった。そのことにうれしくなる。友人たちと共にした旅だった。

コメント