人名表記

カリブ海関連の訳書の完成が近づいてきた。詰めが甘い性格のため、校正原稿は何度も見直す必要がある。形になった後に、誤字・誤植に気づくとき、そのショックはあまりに大きい(自分のせいであることが少なくない)。そういうわけで、細かい表記の統一まで(漢字など)見落とさないようにしているけれど、いつもそのつもりで、けっきょく何かしらの誤字・誤植を残してしまうのだ。とくに慌てているときは。

人名表記が思いのほか難しい。たとえばサンゴールのファーストネームLéopoldは、レオポールなのか、レオポルなのか、レオポルドなのか(ちなみに最後のdを発音する場合もそうでない場合も、どちらも聞いたことがある)。セネガル出身に多い名字Diopは、フランス語的にディオップがいいのか、ウォロフ語読みに近いとされるジョップがいいのか。最終的には共訳者の先生がお決めくださることだ(と思う)が、こうしたことひとつ取ってみても分からないわけで、浅学を痛感する日々だ。

コメント