第48回日本翻訳文化賞、『カリブ海偽典』受賞の記事

塚本昌則訳『カリブ海偽典』(紀伊國屋書店、2010年)が2011年度の日本翻訳文化賞に輝いたそうです。以下、MSN産経ニュースの記事です。


******

日本翻訳文化賞など決まる

2011.10.10 07:51
 日本翻訳家協会(平野裕理事長)がすぐれた翻訳を表彰する第48回日本翻訳文化賞は、浦井康男さん訳・註解の『チェコの伝説と歴史』(アロイス・イラーセク著、北海道大学出版会)と、塚本昌則さん訳の『カリブ海偽典』(パトリック・シャモワゾー著、紀伊国屋書店)に決まった。賞金各10万円。第47回日本翻訳出版文化賞は、集英社『慈しみの女神たち(上・下)』(ジョナサン・リテル著、菅野昭正他訳)、言叢社『プリミティヴアート』(フランツ・ボアズ著、大村敬一訳)、藤原書店『身体の歴史I・II・III』(アラン・コルバン他監修、鷲見洋一他監訳)の3件。

コメント