ニース、アンティーブ、カンヌ

アンティーブのJuan les Pinsに住む友人を訪ねるため、コートダジュールに数日間滞在した。ニース、アンティーブ、カンヌと見て回った。10月だというのに、半袖で十分な気温。海水浴する観光客も、ピーク時はどこの浜辺も一杯らしいけれど、それなりに見かけた。パリに戻ればもう陽射しは望めないことがわかっていたから、ぼくにとってもこれが今年最後の日光浴だった。アンティーブのピカソ美術館は小さいながらも面白かった。アンティーブに滞在していた頃の作品を中心にしており、ウニがたくさん出てきた。

ところで今回行きは飛行機を、帰りは電車を使った。日本の新幹線にあたるTGVでアンティーブからパリまで5時間半ほど。飛行機なら45分ほどだ。TGVを使ったのは、ひとりあたりの運賃が22ユーロと破格だったからだ。もちろんプロモーション価格だけれど、こんな金額で新幹線には乗れない。ただ、この運賃とは関係ないが、乗客のマナーが驚くべきほど悪かった。いちいち列挙しないが、きわめつけはヘッドホンをしないでパソコンで映画を見ている乗客。車内に、アクション映画の音が響き渡っていた。異常な騒音にも、しかし、ほかの乗客はとくに反応していない。車内全体が動物園のようだったからだ。そのようなわけで帰りの車内は心地よくなかった。

コメント