12月6日

今日12月6日がフランツ・ファノンの50年目の命日になる。下にお知らせしたのはこの命日から始まるマルティニックでのファノンをめぐる国際コロックである。ファノンをめぐるコロックはマルティニックでは1981年に行われたから、じつに30年ぶりだ。1981年に日本におけるファノン受容について発表した海老坂武先生が今回もご報告されるようだ。サミール・アミンの名前もプログラムにある。盛大な催しになるようだ。今年パリに滞在している関係で、とくに先月から今月にかけてファノン関係の催しばかり紹介してきた。最近、Daivd Macey(彼も亡くなったばかりだ)のフランス語版評伝『フランツ・ファノン、ひとつの人生』を入手した。英語の原著では通読できなかったため、フランス語で挑戦したい。今日から。

コメント