12月8日(土)9日(日)シンポジウム「世界文学におけるオムニフォンの諸相」


来たる12月8日と9日に以下のシンポジウムが開催されます。「世界文学」とは何か、と改めて問うまたとない機会のように思います。私は、9日の今福龍太さんの「ダイアレクト・セッション」に参加。尊敬する詩人・川満信一氏と同席できるのが嬉しくもあり、緊張しそうでもあり…… 発表者は、各分野で活躍されている方ばかりで、私もできれば聞き手に専念して参加したいところです。入場無料、予約不要とのこと。最寄り駅は、京王線明大前駅です。和泉校舎のリニューアルした近未来的図書館の見学もできるかもしれません。以下は明治大学のサイトからの引用)。

***

シンポジウム「世界文学におけるオムニフォンの諸相」

主催 明治大学理工学研究科新領域創造専攻ディジタルコンテンツ 
系管啓次郎研究室
日時:2012年12月8日(土)、9日(日)
場所:明治大学和泉図書館ホール(1F)

【趣旨と目的】

越境、移民、植民、離散、強制移住等によって母語を喪失ないし異 
化し、文学創造に向かった越境的作家たちの諸作品に通底する多層 
的多重的な文学ディスクールのあり方を、ポストコロニアル文学理 
論やポストモダン文学理論といった歴史的視点のみならず、空間的 
な同時性をとらえる「群島的思考」から再検討することにより、そ 
こに相互反響する「オムニフォン」の動的構造を解明し、さらに国 
民文学を超えゆくポストエスニック時代の文学の特質と可能性を 
探っていきたい。

  本シンポジウムは科研費B「ポストエスニック時代の文学に 
おけるオムニフォンの意義」(代表者・土屋勝彦=名古屋市立大 
学)の助成を受けている。

【プログラム】

12月8日(土)

13:00-14:30 第1セッション(ドイツ 
語圏作家における多言語・文化性)
司会 土屋勝彦、コメンテーター 浜崎桂子

発表者
山本浩司「ルーマニアの雉─ヘルタ・ミュラーにみる土俗性」  
関口裕昭「多文化地域ブコヴィーナと初期パウル・ツェラン」  


14:40-16:40 第2セッション(東欧語圏作家における多言 
語・文化性)
司会 沼野充義

発表者
阿部賢一「Praha, Prag, Прага—多言語のプラハ」
加藤有子「ポーランド東部国境地帯における多言語的創造」
亀田真澄「分裂する言語のあいだで—セルビア多言語地域の少数民 
族と文学」

16:50-17:30  総合討議 (司会=土屋、沼野)


12月9日(日)

10:40-12:40 第3セッション(ダイアレクトから世界へ)
司会 今福龍太

発表者
今福龍太「イントロダクション:俚言の政治学─ゲール、バスク、 
クレオール、アヤグ」
川満信一「ミクロ言語帯からの文学─スマフツの詩とスマヌパナス」
金子奈美「現代バスク文学のことば─キルメン・ウリベ『ビルバオ 
─ニューヨーク─ビルバオ』を例に」
中村隆之「沈黙する言葉(la parole muette)─モンショア 
シ、シャモワゾー」

13:30-15:30 第4セッション(越えながら書く 台湾、日 
本、中国、アメリカ)
司会 管啓次郎

発表者
温又柔「私のニホンゴには中国語と台湾語が棲んでいる」
林ひふみ「母語からの自由ということ」
リービ英雄「島国から大陸へ」

15:40-16:20 総合討議(司会=今福、管)

コメント

散歩者 さんのコメント…
日曜日、聴きに行きます。楽しみです。
Takayuki Nakamura さんの投稿…
ありがとうございます! それでは日曜日に!