「ポストコロニアル文学の最前線」(2014年3月17日、東京外国語大学)

今月17日に行われる催しをご案内いたします。課題図書を読まずとも、気軽に参加できますので、どうぞよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------
《ポストコロニアル文学の最前線》
■ 日時 2014年3月17日 午後2時から

■ 場所 東京外国語大学 研究講義棟4階  海外事情研究所 会議室427

※ 東京外国語大学の住所は「府中市朝日町3-11-1」です。  
西武多摩川線(中央線武蔵境駅にてのりかえ)多磨駅 下車徒歩4分   
あるいは、京王線 飛田給駅下車北口からの循環バスで5分、  
「東京外国語大学前」下車です。     
東京外国語大学のホームページ上の案内図を参考にしてください。
URLは、http://www.tufs.ac.jp/access/tama.htmlです

■ 課題 中村隆之『カリブ-世界論-植民地主義に抗う複数の場所と歴史』(人文書院、2013年、4200円)
+中村隆之『フランス語圏カリブ海文学小史』(風響社、2012年)

■ 提題者 粟飯原文子(神奈川大学非常勤講師)              
        浜邦彦(早稲田大学准教授)

ぜひお誘い合わせのうえ、ご参集ください。(WINC運営委員会)

コメント