映画『アフリカ、お前をむしりとる』をめぐって

少し前のことになりますが、専修大学の外国語教育研究会の催しに参加したことがありました。映画『アフリカ、お前をむしりとる』を観賞し、とりわけ「外国語教育と権力」という観点から議論をしあいました。映画の感想についてはかつてこのブログに記事を書きました(こちら)。

そのときの議論の記録が活字となりました。下記のアドレスからPDFで入手可能です。最新号にあたる『専修大学外国語教育論集』第42号(2014年3月)をご覧ください。

http://www.senshu-u.ac.jp/libif/llc/journal.html

コメント