明治大学和泉キャンパス企画(5/29~6/3) 「風に吹かれて 世界はテントを包む2017」

明治大学和泉キャンパスで毎年この時期におこなわれているテント小屋企画の案内です。以下は、明治大学の丸川哲史さんからいただいた案内文です。

***
明治大学和泉キャンパス企画(5/29~6/3)
「風に吹かれて 世界はテントを包む2017」
主催:明治大学大学院 教養デザイン研究科
協力:テント劇団「野戦之月」

★本企画は台湾で発明された「葬式用テント」を転用した
約一週間の教育実験の広場です。
★5/29~6/3いずれも午後6時半開場、午後7時スタート。
★場所は明治大学和泉キャンパス特設テント。すべて無料。
<企画メニュー>
5/29(月) 音楽トーク「台湾のコンポステラ」
講師:平井玄(音楽評論家)
+ダンス「『続無法地帯』地図から抜け出した地球儀」
構想・踊り手:リュウセイオー龍(野戦之月所属)
5/30(火) ドキュメンタリー上映<記憶の中のシベリア>+監督トーク 
監督:久保田桂子(フリー)/コーディネーター:佐藤賢(明海大学教員)
作品→①『祖父の日記帳と私のビデオノート』、②『海へ~朴さんの手紙』
5/31(水) 講演「テントは細胞だ ! アナロジーで考える場の重要性」
講師:浅賀宏昭(本学教養デザイン研究科〔生命科学教育〕)
6/1(木)  講演「中平卓馬と沖縄」
講師:倉石信乃(本学理工学部〔近現代美術史・写真史〕)
6/2(金)  講演「記録する運動―阿波根昌鴻の伊江島土地闘争記録写真集
『人間の住んでいる島』を読む」
講師:新城郁夫(琉球大学教員、沖縄/日本文学・思想)
6/3(土)  前説「魯迅のアレゴリー世界」
講師:丸川哲史(本学教養デザイン研究科)
+テント劇団「野戦之月」試演「幻燈三千世界―阿Q氏の帰還」
監修・演出:桜井大造(野戦之月海筆子)
★参加されるイベントを明記し、以下にご連絡をください。
当日連絡も可。humanity@mics.meiji.ac.jp
***

どれも参加したい企画ばかりですが、個人的にうかがってみたい講演は、6月1日および2日なのですが、行けるかどうか……。入場無料。この機会にぜひご参加を。

コメント